東京ロストワックス工業

ワックス模型のスペシャリストを目指しています。

  • 製造部1課ワックス係 主任
  • M.Y.
  • 2014年 新卒入社

女性社員が長く活躍できる環境です。

長岡市主催の就職説明会で、当社のブースに高校の先輩がいたのがきっかけで、会社見学に参加しました。製造業の現場を見るのは初めてで、装置にも、女性が大勢働いていることにも驚きました。若い人が多く、みなさんが話し会って仕事をしている様子を見て、雰囲気のいい会社だなと思い、入社を希望しました。ロストワックスはそもそも精密な部品を作るので全般的に細かな作業が多いのですが、特に、ワックス模型を作る工程では繊細さ、微妙な加減が求められることもあり、現在、この部署は14人中12人が女性で、細やかな「技」を発揮しています。

チャンピオンデータの更新にチャレンジ。

型にシリンダーでワックスを注入し、冷却後に取り出し、仕上げを施すのがWAX係の仕事内容です。作るものが20gから最大でも300gと小さく、形状は複雑で、コンマ以下の精度を求められることもあります。金型の隅々まで空気を入れずにワックスを行き渡らせるには、その日の気象条件、材料のワックスの状態に合わせて注入の方法を変えなくてはいけません。そういう難しいケースで、一つも不良品を出さずにやり遂げた時、さらに、作業時間を短縮させ過去に先輩が作った記録を更新できた時は、喜びもひとしおです!更新記録を「チャンピオンデータ」と呼び、それを破るのが次のみんなの目標になるんです。

部門全体を見渡し、働きやすい環境を作っていきます。

今は主任として、部門全体を見て効率的に仕事を進めることを心がけています。作業においてもっと規則性を見つけて、みんながスムーズに仕事ができ、同時に、品質を安定させられるようにしていきたいと思います。後輩の指導については、単発ではなく、段階を考え系統立てて進めています。私個人としては、もっと難易度が高く、もっと大型のものに挑戦することが目標です。航空機部品はぜひやってみたいですね。当社には育休中の社員もいますし、復帰後に短時間勤務を選んで働いている社員もいます。女性が働きやすい環境は整っているので、目標に向かって進んでいこうと思います。

就活生へのメッセージ

当社について、会社説明会では男性の多い会社?と思いましたが、見学に来たら、女性の多い部署があるなど、大いに活躍している会社だとわかりました。

来てみたらわかることがある
PAGE TOP