東京ロストワックス工業

採用情報

仕事を知る

“ロストワックス”とは?

ろう(ワックス)が溶ける(ロストする)ことを利用した鋳造法をロストワックス法と呼びます。ワックス模型を忠実に転写した鋳型に金属を鋳込む、この方法でつくられるのがロストワックス精密鋳造品です。

複雑な形ほど得意としていて、滑らかな曲線を持つものやパイプ状のものなど、他の加工方法では成形が難しいものでも細部にわたって忠実に再現することが可能となります。また鋳込む金属に制限がなく、硬度や粘度が高いものなど、機械加工が難しい素材でも容易に成形できます。

東京ロストワックス工業が関わる産業分野

エネルギー分野、航空機分野(航空機、宇宙開発、防衛関連)、IT・ロボット分野(半導体、装置関連)、医療分野などのお客様に対して製品を提供しています。これらの分野において使用される部品はきわめて高い精度を必要としており、精密鋳造でしか製造できないケースが多くあります。

主な職種・仕事内容

  • 開発

    3D-CADや鋳造解析シミュレーションを駆使した工程設計や金型設計を行う仕事です。

  • 生産技術

    現状の生産体制の課題抽出から改善、新規生産ラインの立上げなど製品を効率よく量産する生産体制を築く仕事です。

    社員紹介ページを見る

  • 製造

    • 金型:CAD/CAMを駆使してWAX工程で使用する金型を製作します。
    • WAX・組立:温度管理された部屋で一人一台の機械を操作します。
    • 鋳型:自動ロボットラインと手作業でセラミックスの型を作ります。
    • 鋳造:溶かした金属を型に流し込みます。
    • 粗手・仕上げ:切断機や、小型研磨機で出荷する製品に仕上げます。
    • 検査:レントゲンや3次元測定器を使って合否を判断します。

    社員紹介ページを見る

  • 品質管理

    品質保証システムの構築・運用、検査技術の開発をはじめ、全工程を通して製品の品質を管理・維持する仕事です。

    社員紹介ページを見る

  • 教育・研修

    新入社員教育、職長教育、幹部教育など、階層ごとに充実した社員教育を実施。
    新入社員は入社後3ヶ月各職場で研修、実際の現場を体験した上で配属を行うなど、狭い視野にとらわれるのではなく、長期的な視野に基づいて、丁寧な社員教育を行っています。

PAGE TOP