東京ロストワックス工業

技術紹介

ロストワックス精密鋳造

ロストワックス精密鋳造とは

金型で製作した部品形状にワックス(ろう)を流し入れて模型を作ります。その模型を耐火材でコーティングした後、加熱してワックスを溶かします(脱ろう)。これを鋳型として、溶かした金属を流し鋳造する製法のことを「ロストワックス製法」と言います。

複雑な形状や、精密さを求める製品の製作が可能です。

製法の特徴

1. 素材となる金属の多様性

ロストワックス製法は、流し込む金属に制限がありません。硬度の高いものや、ねばりのあるものなど、機械加工が難しい材質でも容易に製作できます。機械加工と比較して、端面形状、薄肉など、設計的な自由度が向上します。

使用可能な主な材質

  • 耐熱合金
  • ステンレス鋼
  • 炭素鋼
  • アルミニウム合金

2. 高い寸法精度

砂型鋳造と比較し、寸法精度の高い素材を提供できます。寸法精度が高いため、機械加工の工数および取り代量を削減でき、コストパフォーマンスが高いことが特徴です。

寸法公差

一般公差 0~25mm ±0.25mm
25~50mm ±0.4mm
50~100mm ±0.8mm
100mm以上 ±1%
角度公差 ±1°

平面度と真直度公差

一般公差 0~25mm ±0.2mm
25~50mm ±0.4mm
50~100mm ±0.6mm
100mm以上 ±0.8mm

3. 様々な大きさに対応

10×10×10mmの小さいものから、500×500×500mm(重さ約60kg)まで様々なサイズに対応可能です。特に、製作がしやすいものは、300×300×300mm(重さ約10~30kg)以下です。
製作可能なサイズは、お気軽にご相談ください。

製造工程

  1. 金型作成

    ワックス模型を作成するための金型を作成します。

  2. ワックス模型作成

    金型を使用し射出成型にてワックス模型を作成します。

  3. ワックス組立

    ワックス模型を鋳造方案に従い組立ます。
    組み立てたものはツリーと呼ばれます。

  4. 鋳型製作

    ツリーをスラリー(セラミックを含んだ液体)に浸漬し、液切りした後、乾燥する前にセラミックの砂をふりかけます。この作業を繰り返すことにより、セラミックを積層し、鋳型を製作します。

  5. 脱ろう

    鋳型を圧力釜に入れ、中のワックスのみを溶かし出します。

  6. 鋳型焼成

    焼結させ強度を上げるために鋳型を焼成します。

  7. 鋳造

    溶かした金属を鋳型に流し込みます。

  8. 型バラシ

    鋳型を除去します。

  9. 切断

    ツリーから製品を切断します。

  10. 仕上げ

    切断面をベルトで仕上げします。

  11. 検査

    製品のキズや歪みを検査し、修正します。

設計基準

ロストワックスに適した形状

取扱材質

取扱材質の一覧は下記ページよりご確認ください。

取扱材質
PAGE TOP

お問い合わせ

製品や技術情報に関するお問い合わせ・ご相談は、以下のページよりご連絡ください。

お問い合わせフォーム